ご家族の皆様へ

ご家族の皆様へ

鳶という仕事は、
安定した暮らしを
築ける職業です。

鳶という仕事に対し、不安を抱くご家族の方もいるでしょう。高所作業は危ない、体力が衰えてきたらどうする、そもそも福利厚生面が不充分で不安定な業界なんじゃないか。そうした疑問を抱くのは当然だと思います。

しかし私たちは、そうした間違ったイメージの払拭を真剣に目指し、働く環境の充実を実践している会社です。そして、鳶という仕事を一流の職業にすることを目指しています。

転職を
考えている方の
ご家族様へ。

当たり前の話ですが、社会保険、有給休暇など、普通の会社にある福利厚生制度はすべて整っています。有給の積極的な消化を奨励していますし、男性職人の育児休暇導入など、働く環境の充実を図っています。

また、年齢と経験を重ねて職長へとキャリアアップすれば、管理業務が中心になります。部下のマネジメントなどに業務の比重が変わるので、体力面の心配もありません。

実際に私たちの会社では、年齢を重ねても職長としてあらゆる現場から頼りにされる鳶職人が活躍中です。

そうした職人のおかげで、私たちの会社を求めてくれる声が後を絶たず、安定成長を続けています。鳶職として、安定した暮らしを築ける環境があります。

新卒入社を
考えている方の
ご家族様へ。

鳶は、特別な仕事ではありません。一般の会社に入社する多くの社会人1年生と同じように、新人研修で少しずつ仕事・会社・職場の風土に肌を馴染ませ、同期入社の仲間と共に歩み、先輩や上司から本当にいろんなことを学び、一人前の社会人へと成長していきます。

ただ、やはり現場の空気に慣れるまで、体の動かし方を学ぶまでには時間がかかります。そこは、ほんの少しだけ特徴的です。

しかし、私たちの会社では初めから無理をさせません。ゆっくり、じっくり、体と気持ちを仕事に馴染ませながら成長できる環境があります。何よりも、社会人として、鳶として一流の人材に育てたいという強い思いがあります。

会社の未来を創る重要な仲間として、若い人を迎えたいと思っています。

BLOG

社員 奮闘記ブログ

日比建設グループの日常をお届けします

絶賛
更新中!

INSTAGRAM

鳶職人の目から見た現場の風景